2月17日の読売新聞全国版朝刊の「家計の知恵」コーナーでリニュアル仲介が紹介されました。

「中古住宅細やか仲介~環境・現況詳しく■リフォーム資金負担減~」というタイトルで、中古住宅の仲介・販売できめ細かい物件情報や価格設定経緯の開示、リフォーム資金を借りやすくする仕組みなど、中古住宅をより購入しやすくする事例の紹介です。

文中で日本大学の中川雅之教授が買い主が抱く、隠れた不具合や欠陥を払拭する新たなサービスが出てきているとコメントされ、記事内でのサービスの事例としてリニュアル仲介が紹介されました。

また、中古住宅取得時のリフォーム資金について、住宅ローンと一緒に組むことができる金融機関の事例も紹介されました。

リニュアル仲介は資産価値が減りにくい住宅購入を実現するためのバイヤーズエージェントサービスです。資産防衛の手段として中古住宅の購入をおすすめしており、中古住宅だからこそ新築以上に安心してお取引いただくための各種サービスをご用意しております。住宅購入をご検討の際にはお気軽にお問い合わせください。